字脚を揃える 品詞と字脚と色々

歌詞を書く際に、字脚を揃える、音の数を揃える話を先だってしました。 ところで・・・ 話し言葉と歌詞は違うものですので、語尾などの表現で、言葉尻、フレーズのお尻部分が、締められている様な語尾で書く場合が多く、主なのです。 ある種の技法として、話し言葉的な表現でフレーズの所々を締める、というやり方もありますが、慣れて来…

続きを読むread more

作詞のシンプルな急所 物語の展開を考える

さて!じゃぁ書こう!となり、言葉を次々に連ねていく事になりますが・・・。 歌詞として体を成す為の大きな柱でもあり、よく見かける事が、物語の内容/流れが判らない事です。 題材を決めて、頭の中で色々と考えながらペンを進める事と思いますが、作詞をやり始めの頃は、作者の心の内では、おそらく言いたい事が渦巻いていて、あれやこれやと文章…

続きを読むread more

歌詞の書き始め・大雑把にでも構成を考える

作詞をやり始めのまだ初心者な段階の場合などは、普通の文章っぽい感じで書いてしまっていると、やってしまいがちな事かもしれませんが、 多くの方の作品を視ていると思う事ですが、歌詞として体を成せていないな・・・と思う事が多々あります。 大雑把には、多少まとまっている様な、区切りが付いている様な作品は見受けますが、行数や字数を見ると「こ…

続きを読むread more

作詞の通信講座を受講しようと思った切っ掛け

高校2年生の時に作詞をし始めて、何作品か書き、音楽専門学校時代にやっていたBandでは、当方が主に作詞をしていました。 その頃、作曲担当だったギタリストのメンバーや他のメンバーも、書いた歌詞を見るので意見の遣り取りはありますが、当然、作詞を診るプロではありません。 各メンバーの思いの信じるままに意見を言っていたわけです。 …

続きを読むread more

作詞におけるヒントやコツを述べて行こうと存じます

皆さん、こんにちは。 当方は、作詞歴だけで言うと20数年あります。 通信講座できちんと講師に師事しての学習は累計7年ほどです。見方によっては7年間も先生について勉強しているのなら、とっくにデビューしていてもいいんじゃない?という見方もありそうですが・・・。 まだアマチュアや、それから趣味で歌詞を書いている方が集う同人サイト…

続きを読むread more