話し言葉を比喩で変換する

以前から時々、歌詞と話し言葉は違う・・・という事は解説しました。 歌詞は、歌詞だからこその言葉遣い、言い回しがされていてこその歌詞だ、と。 人それぞれ歌詞を書く時は、言いたい事、表現したい事を書く訳ですが、 最初は、箇条書きにでも、1文1文バラバラでも、書き方も、話し言葉同様にでも、とにかく言葉を並べていくのでも良いでしょう。…

続きを読むread more

受講料を払っている事の強み

作詞をしていて、自分の書いている歌詞は、実際のところ、まともな歌詞になっているのだろうか?・・・という疑問が湧いたことからも、音楽雑誌に載っていた通信講座に入会して、受講する事通算してかれこれ7年あまりになりますが・・・。 歌詞を送って先生方がきちんと目を通してくれる、添削指導の部に送ればきちんとアドバイスを返してくれる、それはや…

続きを読むread more

歌詞の内容を説明する役目

作詞の添削/アドバイスを注文を受けてしていると、回答を送った後に、書き手からしばしば説明/解説をもらう事があります。 「ココはこういう事で、ソコはこういう意味で、・・・」等々と解説をされる事は珍しくありません。 書き手さんも、添削した当方に、判り易く伝えようというつもりで頑張って丁寧に書いて伝えてくれます。 別に、悪気は無く、…

続きを読むread more

付曲される事を想像して書いているか?

歌詞を書く時に、曲が付けられる事を想像して書いているかどうか?これは、かなり重要な事です。 歌詞は当然、曲が付いて、歌い手さんに渡って、歌われてこそ初めてその価値が活かされるものです。 付曲って、要するに歌詞にメロディーが付けられる事、簡単に言えばそういう事です。 様々な方の歌詞を視てると、まだ初心者でそんなに何作品もまだ…

続きを読むread more

語尾表現を一考する

まず、歌詞と話し言葉とは基本的に違うものである、という事なのですが、様々なアマチュアの方の作詞を拝見していると、各フレーズのお尻の部分、フレーズの語尾の言葉遣いが、歌詞っぽくない、普通の話し言葉のままそのままに書いている・・・と視られる作品は、予想以上に多く在ります。 これ、解っていてわざとそういう書き方をしているならまだ矯正のし…

続きを読むread more

同じフレーズを使うとパクリになるのか?

だいぶ以前の話になりますが・・・。 歌詞を書いていて、たまたま浮かんだとあるフレーズがあるのですが、それが、有名な作詞家さんの作品によく見掛ける言葉と同じものでした。 その作詞家さんの、得意技とか専売特許・・・というものではないと思うのですが、同じフレーズが浮かんだのです。 書いていたその歌詞の、その位置には、そのフレーズがち…

続きを読むread more

2週間に1作品を目標にして作詞する

歌詞を書くにもまだまだ慣れないうちでも、ある程度、自分の中に目標を立てて、ある程度のペースを考えて書く方が、恐らく上達にもつながる事と思われます。 プロの世界には、いわゆる締切というものが存在しますから、自分の好きなペースで書いてればいい、という事はありません。 締切は、大抵は1週間というのが最も多いケースだろうと思います。 …

続きを読むread more

作詞の構成時の文字数のバランスを一考する

歌詞を書く際においてですが・・・。 まだまだやりはじめの初心者の頃には、書きたい思いが溢れてきて、「アレも書きたい、コレも書きたい・・・」となり、文章がどんどん湧いてきて、文字数も多くなってしまいがちな事はある事でしょう。 何作品か書いてきて、少し書きなれてきたら、造りにも徐々に意識を向けて書くのが良いのですが、 よく一般…

続きを読むread more

作詞のクオリティのひとまずの裏付けと自信を持てる

当方が受講し続けている作詞の通信講座。 日本音楽アカデミー・作詞講座という講座の月イチで送られてくる会報がMF・ミュージックフォーラムと言います。 その会報には、毎月、その月の担当の先生が審査・評価した作品がズラリと載ってくるんですが、前月号のその冒頭ページの1コマに載っている先生が、添削指導の主任講師の馬上雅宏先生です。 …

続きを読むread more

同人で意見を投稿する掲示板を利用する事

作詞家の松本一起さんという方が運営されている「うたまっぷ作詞スクール」という作詞の講座がありまして、その講座が運営している作詞の掲示板があります。 それが、「うたまっぷ自作歌詞」という掲示板です。 「うたまっぷ作詞スクール」自体は、作詞のレッスン・スクールで、当方は入会も検討はしたのですが、講座内容と費用が当方の中で合点が行かず…

続きを読むread more

売れ線ケースを一考する・サビの急所の音階を跳ね上げる

この小見出しでは何の事か?分からないかと思いますが。 これは、作詞におけるテクニックというよりも、作曲における手法と言えそうですので、第2者目線な話ですが、 例えば・・・ J-POPバンドのZARDさんの有名なシングル曲「負けないで」という曲がありますが、 聴いた事があってよく覚えている人なら知っていると思いますが、赤で囲っ…

続きを読むread more

作詞のネタ探し インターネットの活用編

作詞のネタ探しにおいてはインターネットの活用も大いにありでしょう。 それも、PCよりも、TV画面でネット視聴をする事です。 最近のTVはインターネットに繋がる機能も今や当たり前の様に付いていたりしますが、例えばYouTubeなどの動画視聴で、想像が膨らみそうな動画を視てネタを探すという方法です。 YouTubeには無数の動画が…

続きを読むread more

ツーハーフという言葉がありますが・・・

作詞をする際の構成について、業界には、ツーハーフという聞き慣れた言葉がありまして。 1番で、Aメロ、Bメロ、サビ、 2番で、Aメロ、Bメロ、サビ、 そして、ギターやキーボードなどのソロの間奏を挟み、最後の締めくくりに向かう、 という構成です。 間奏の後に、再度、Bメロが在る場合もありますね。 書く時に、この様な構成を…

続きを読むread more

作詞のネタ探し

これも結構、少し悩みどころな事もありまして・・・。 歌詞を何作品か書き慣れてくると、そのうちに行き当たる事が、作詞の材料探しをしなきゃ、という素朴な疑問でしょう・・・。 机に向かって夜な夜な頑張って考えても似た様な事を思い浮かべたり、TVや映画や漫画のワンシーンだったり、関係ない考え事にいつの間にか気が散っていたりと、割と遅…

続きを読むread more