"書き方"の記事一覧

プロの現場での主である「曲先」において

プロの現場で、楽曲創りにおいては多くの場合が曲先でしょう。 まず、作曲家が創ったメロディーラインが先に出来ていて、それに合わせて作詞家が歌詞を乗っけるというケースが大半でしょう。 書く方にとっては、恐らく、歌詞を先に書く方が、考えた物語に沿って好きな事を好きな様に書けるので、きっとその方が多分、楽ですよ。歌詞を書く本人が言ってい…

続きを読むread more

言葉のチョイス|無闇にトレンドに乗っからない

もぅ随分前の事ですが、受講している作詞の通信講座の会報にて、とある指導の先生の手記みたいなものが載っており、それは、ある1人の受講生の認識のズレを訂しているものでした。 口調、文言的に、ちょっと叱っている感のある強めのものでした。 添削指導か何かしたものを生徒さんに返却した折に、生徒さんから返って来た返事に、指摘を施したものの様…

続きを読むread more

話し言葉を比喩で変換する

以前から時々、歌詞と話し言葉は違う・・・という事は解説しました。 歌詞は、歌詞だからこその言葉遣い、言い回しがされていてこその歌詞だ、と。 人それぞれ歌詞を書く時は、言いたい事、表現したい事を書く訳ですが、 最初は、箇条書きにでも、1文1文バラバラでも、書き方も、話し言葉同様にでも、とにかく言葉を並べていくのでも良いでしょう。…

続きを読むread more

付曲される事を想像して書いているか?

歌詞を書く時に、曲が付けられる事を想像して書いているかどうか?これは、かなり重要な事です。 歌詞は当然、曲が付いて、歌い手さんに渡って、歌われてこそ初めてその価値が活かされるものです。 付曲って、要するに歌詞にメロディーが付けられる事、簡単に言えばそういう事です。 様々な方の歌詞を視てると、まだ初心者でそんなに何作品もまだ…

続きを読むread more

語尾表現を一考する

まず、歌詞と話し言葉とは基本的に違うものである、という事なのですが、様々なアマチュアの方の作詞を拝見していると、各フレーズのお尻の部分、フレーズの語尾の言葉遣いが、歌詞っぽくない、普通の話し言葉のままそのままに書いている・・・と視られる作品は、予想以上に多く在ります。 これ、解っていてわざとそういう書き方をしているならまだ矯正のし…

続きを読むread more

作詞の構成時の文字数のバランスを一考する

歌詞を書く際においてですが・・・。 まだまだやりはじめの初心者の頃には、書きたい思いが溢れてきて、「アレも書きたい、コレも書きたい・・・」となり、文章がどんどん湧いてきて、文字数も多くなってしまいがちな事はある事でしょう。 何作品か書いてきて、少し書きなれてきたら、造りにも徐々に意識を向けて書くのが良いのですが、 よく一般…

続きを読むread more

作詞の通信講座を受講しようと思った切っ掛け

高校2年生の時に作詞をし始めて、何作品か書き、音楽専門学校時代にやっていたBandでは、当方が主に作詞をしていました。 その頃、作曲担当だったギタリストのメンバーや他のメンバーも、書いた歌詞を見るので意見の遣り取りはありますが、当然、作詞を診るプロではありません。 各メンバーの思いの信じるままに意見を言っていたわけです。 …

続きを読むread more